熊本大学薬学部附属薬用資源エコフロンティアセンター(熊本県)

熊本大学薬学部附属薬用資源エコフロンティアセンターは、元薬用植物園から平成15年に独立しました。薬用植物園の歴史は古く、肥後細川藩の薬園の流れを汲んでいます。細川藩ゆかりの薬木類として、モクゲンジ、テンダイウヤク、サンシュユ、サンザシ、ニンジンボク等が植栽されています。また、標本園では、薬局方掲載の薬用植物や、阿蘇の自生種、亜熱帯性の薬用植物を植栽しています。月に一回程度、薬用植物観察会などのセミナーを開催しています。

施設情報

住所:〒862-0973 熊本市中央区大江本町5-1
電話:096-371-4381
Webサイト:http://www.pharm.kumamoto-u.ac.jp/yakusoen/garden.html
営業時間:薬用植物観察会などのイベント有り
休園日:
入園料:

交通案内

熊本市中央区大江本町5-1

クルマ

  •  

電車・バス

  • JR熊本駅 バス 健軍行き、「味噌天神」下車、徒歩5分
  • JR熊本駅 市電 健軍行き、「味噌天神」下車、徒歩5分
  • JR新水前寺駅 徒歩10分
  • 熊本空港 バス 東西線(県庁前経由)、「味噌天神」下車、徒歩5分
この植物園への口コミはこちらから
Pocket