江ノ島サムエル・コッキング苑(神奈川県)

江ノ島サムエル・コッキング苑は、英国人貿易商 サムエル・コッキング氏が1882年に開園した植物園が元になっています。一時、関東大震災で被災しましたが、再整備されて藤沢市江の島植物園として開設されました。その後改修工事を経て、2003年に江の島サムエル・コッキング苑として再開して現在に至っています。春と秋にはバラ、夏はムクゲ、冬は椿が開花します。また、藤沢市指定天然記念物のシマナンヨウスギ、クックアロウカリア、タイミンチク、ツカミヒイラギなど、多くの亜熱帯植物も植栽されています。亜熱帯植物が育つ、日本の北限といわれています。

施設情報

住所:〒251-0036 神奈川県藤沢市江の島2丁目3番地
電話:0466-23-2444
Webサイト:http://enoshima-seacandle.jp/garden/
営業時間:9:00~20:00
休園日:年中無休
入園料:大人:200円
    小人:100円

交通案内

神奈川県藤沢市江の島2丁目3番地

クルマ

  •  

電車・バス

  • 江ノ電 江ノ島駅から徒歩25分
  • 小田急 片瀬江ノ島駅から徒歩20分
  • JR大船駅 江ノ電バス(江ノ島行き) 江ノ島下車 徒歩8分
  • JR藤沢駅 江ノ電バス(江ノ島行き) 江ノ島下車 徒歩8分
この植物園への口コミはこちらから
Pocket