「愛知県の植物園」カテゴリーアーカイブ

久屋大通庭園フラリエ(愛知県)

久屋大通庭園フラリエは、旧ランの館がリニューアルされ、四季折々の花が楽しめる庭園になっています。中庭と芝生広場が一体となったフラリエコート、各種観葉植物が楽しめる大温室のクリスタルガーデン、池を中心に様々な草花で彩られたウォーターガーデンなど、おしゃれ感覚にあふれ、ゆっくりと花を楽しむ空間を提供しています。

続きを読む 久屋大通庭園フラリエ(愛知県)

春日井市都市緑化植物園 グリーンピア春日井(愛知県)

都市緑化植物園 グリーンピア春日井は、少年自然の家と一体化され野外教育センターとなり、自然体験活動が出来るようになっています。緑豊かな山々に囲まれており、しょうぶ園、梅園、果樹見本園、つばき園など、園内各所で四季折々の植物を見ることができます。また、万葉苑は、起伏に富んだ地形を活かし、山裾の境界部には風情のある建仁寺垣の竹垣を配した趣ある庭になっています。万葉集に歌われた樹木や草花も植栽されています。植物園まつり、各種展示会や教室などいろいろな行事も随時開催されています。

続きを読む 春日井市都市緑化植物園 グリーンピア春日井(愛知県)

徳川園(愛知県)

徳川園は、尾張藩二代藩主光友が隠居所として移り住んだ大曽根屋敷を起源としています。池泉回遊式の典型的な日本庭園となっています。清流が滝から渓谷を下り海へ流れる日本の自然景観を凝縮した庭園になっています。また、高低差のある地形や既存の樹林をそのまま取り入れ、そこに大きな岩を組み込んで、変化に富んだ景観を表現しています。新緑や紅葉、ボタン、ハナショウブなど四季を通じて楽しめる庭園となっています。

続きを読む 徳川園(愛知県)

東谷山フルーツパーク(愛知県)

東谷山フルーツパークは、名古屋市北東の東谷山山麓にあり、豊かな自然に恵まれた環境の中にあります。自然とのふれあいの場として、また、植物観察や散策を楽しめる場として開園しました。園内には、果樹園、世界の熱帯果樹温室、くだもの館などがあり、さまざまな果樹やくだものを観察することができます。また、農業公園として、果樹栽培技術の指導・研究を通して都市農業の振興を図っています。季節に応じたくだものの収穫体験(有料)も行われています。

続きを読む 東谷山フルーツパーク(愛知県)

農業文化園・戸田川緑地(愛知県)

農業文化園と戸田川緑地は、戸田川沿いにあり、農業の必要性と花を愛する心を育てる施設として、また、健康とスポーツの里として整備されています。農業文化圏には、農業科学館、フラワーセンター、花工場があります。農業科学館では、昔使われていた農機具展示コーナー、バイオテクノロジーを利用した組織培養室があります。また、フラワーセンターには、ラン温室など四つの温室があります。

続きを読む 農業文化園・戸田川緑地(愛知県)

荒子川公園ガーデンプラザ(愛知県)

荒子川公園は、都市緑化植物園をそなえた総合公園として整備されました。園内には、ラベンダー園、日本庭園、サンクガーデン、見本園などがあります。ラベンダー園は愛知県内でも有数の規模をほこり、約3,000株のラベンダーが育成されています。また、荒子川の両岸を中心に、約1,000本のサクラが植栽されています。見本園では、家庭や学校などの参考になる樹木や植物が植栽されています。

続きを読む 荒子川公園ガーデンプラザ(愛知県)

名城公園フラワープラザ(愛知県)

名城公園フラワープラザは、都市生活において花を楽しむための拠点となることを目指して開設されました。園内には、ハナショウブ園、藤の回廊などがあります。また、花いっぱいのモデルガーデンがあり、庭作りの参考にすることができます。花に関する展示会や講習会も開催されており、花に関する知識や技術を知ることができます。

続きを読む 名城公園フラワープラザ(愛知県)

庄内緑地グリーンプラザ(愛知県)

庄内緑地は、庄内川の小田井遊水池を利用した公園で、水と緑と太陽をテーマにした総合公園として整備されています。園内には、バラ園(49種・約2,500株)、ハナショウブ園(60種・約18,000株)、ツバキ園、野鳥の森、芝生広場などをそなえています。また、グリーンプラザでは、自然とふれあいながら運動ができる室内空間を提供すると共に、講習会、展示会を通して、緑花に関する情報提供を行っています。

続きを読む 庄内緑地グリーンプラザ(愛知県)

鞍ヶ池公園(愛知県)

鞍ヶ池公園は、かんがい用の鞍ヶ池と若草山などから構成され、起伏に富んだ地形を生かした観光施設です。一帯は、愛知高原国定公園に指定されています。東海環状自動車道の鞍ヶ池PAからも直接公園を利用できるようになっています。公園一帯には約1,500本のサクラが植栽され、桜園には約25種の珍しいサクラが植栽されています。ツインドームの植物園には、熱帯地方の花々が年中咲いています。他にも市民ボランティアによって管理されている四季の古里、愛知万博の英国パビリオンに展示されていた菩提樹40本で整備した英国庭園など見どころが満載の自然に憩うファミリーパークです。

続きを読む 鞍ヶ池公園(愛知県)

鶴舞公園・緑花センター(愛知県)

鶴舞公園は、明治42年に名古屋市の最初の公園として設置されました。園内には、サクラが約1,000本、バラが約120種・1,700株、ショウブが約90種・20,000株、あじさいが約3,500本あり、それぞれが名所になっています。また、市の指定文化財の噴水塔や普選記念壇、さらには、奏楽堂、鶴々亭など歴史的建造物もあり、公園のほぼ全域が国の登録記念物として文化財に登録されています。緑花センターの周辺には樹木見本園があり、庭作りの参考になる樹木が植栽されています。緑化センターの名物の「酔芙蓉(スイフヨウ)」は、花の色が朝方は白、昼はピンク、夕方は紅色に変わり、9月上旬から10月上旬までが見ごろとなります。

続きを読む 鶴舞公園・緑花センター(愛知県)