「北海道の植物園」カテゴリーアーカイブ

森林総合研究所 北海道支所(北海道)

森林総合研究所北海道支所では、北海道の天然林の保護管理技術の研究開発を行っています。標本館では、森林と林業について理解を深める展示をしています。標本館の周辺には樹木園が整備されており、約325種2,800本の樹木が植栽されています。

続きを読む 森林総合研究所 北海道支所(北海道)

小樽市手宮緑化植物園(北海道)

小樽市手宮緑化植物園は、手宮公園の東側にあり、小樽港を一望できる位置にあります。園内には、日本庭園、桜園、水生植物園、シャクナゲ園、ボタン園など15区の見本園があります。中でも5月上旬から中旬に見頃のサクラは、小樽港に向かった斜面にあり、絶景を楽しめます。

続きを読む 小樽市手宮緑化植物園(北海道)

北海道薬科大学薬用植物園(北海道)

北海道薬科大学薬用植物園には、3,290平方メートルの植物園、温室、標本館が整備されています。園内には約300種の植物を植栽しています。また、姉妹校の瀋陽薬科大学からやってきたケイトウ、オオセンナリなども植栽されています。温室には約40種の植物を植栽しています。標本館には生薬200点が展示されています。

続きを読む 北海道薬科大学薬用植物園(北海道)

北海道大学植物園(北海道)

園内には研究用に約4,000種の植物が育成されています。花を見るだけでなく、植物そのものについて学ぶことができる環境が整備されています。また、園内の博物館では、北海道の自然・文化・歴史も学ぶことができます。北海道の現地形を残す環境で小鳥のさえずりを聞きながらゆったりとくつろぐことができます。

続きを読む 北海道大学植物園(北海道)