「茨城県の植物園」カテゴリーアーカイブ

つくば牡丹園(茨城県)

つくば牡丹園は、池の眺望が美しい高低差のある敷地に、牡丹550種、芍薬215種、バラ80種が植栽されています。そのほか、西洋シャクナゲ、カルミア、ツツジ、サツキ、アジサイなども植栽されています。冬の開園時には寒牡丹、春の開園時には、牡丹、芍薬、バラを楽しむことができます。また、花職人による土作り講習会や牡丹カウンセリングもおこなっています。

続きを読む つくば牡丹園(茨城県)

水戸市植物公園(茨城県)

水戸市植物公園は、テラスガーデン、観賞大温室、熱帯果樹温室、植物館、芝生園、ロックガーデン、湿生花園等からなる洋風の庭園です。熱帯から亜熱帯までの植物が見られる観賞大温室と熱帯果樹温室、周辺の自然にあわせて野草を植えたり、水面を多く取り入れ水の流れを作り出すなど、自然美と人工美の調和した景観が大きな特徴になっています。

続きを読む 水戸市植物公園(茨城県)

茨城県植物園(茨城県)

茨城植物園は、植物の知識が学べる憩いの場として昭和56年に開園しました。約600種の植物が、四季折々に訪れる人たちの目を楽しませてくれます。噴水のある小さな沈床園、回遊式庭園の岩石園、色々な動物をかたどった植物造形園、カエデ園、バラ園、ツバキ園などのほか、気軽に休める広々とした芝生広場も人気となっています。茨城県植物園で、色々な植物たちとふれあい、自然の素晴らしさを感じてください。

続きを読む 茨城県植物園(茨城県)

筑波実験植物園(茨城県)

筑波山の南裾にひろがる緑ゆたかな自然あふれる植物園です。日本に生育する代表的な植物をはじめ、世界の熱帯や乾燥地に生育する植物、私たちの生命を支える植物、筑波山で見られる植物など、7,000種類を超える植物が植栽され、3,000種類をご覧になることができます。筑波地区には、筑波実験植物園(一般に公開)と標本庫(一般には非公開)があります。筑波実験植物園では、生きた多様な植物を収集・保全し、絶滅危惧種を中心とした植物多様性保全研究を推進しています。

続きを読む 筑波実験植物園(茨城県)