「神奈川県の植物園」カテゴリーアーカイブ

江ノ島サムエル・コッキング苑(神奈川県)

江ノ島サムエル・コッキング苑は、英国人貿易商 サムエル・コッキング氏が1882年に開園した植物園が元になっています。一時、関東大震災で被災しましたが、再整備されて藤沢市江の島植物園として開設されました。その後改修工事を経て、2003年に江の島サムエル・コッキング苑として再開して現在に至っています。春と秋にはバラ、夏はムクゲ、冬は椿が開花します。また、藤沢市指定天然記念物のシマナンヨウスギ、クックアロウカリア、タイミンチク、ツカミヒイラギなど、多くの亜熱帯植物も植栽されています。亜熱帯植物が育つ、日本の北限といわれています。

続きを読む 江ノ島サムエル・コッキング苑(神奈川県)

茅ヶ崎市氷室椿庭園(神奈川県)

茅ヶ崎市氷室椿庭園は、三井不動産の元副社長である氷室 捷爾(しょうじ)氏と奥様が育てられた庭園で、ご遺族により茅ヶ崎市に寄贈され、平成3年に開園しました。約2,800平米の庭園には、椿、松、バラなど約1,300本が植栽されています。庭園の名前にもなっている椿は約250種類あり、氷室雪月花、黒椿、紅唐子などさまざまな色と形を楽しむことができます。

続きを読む 茅ヶ崎市氷室椿庭園(神奈川県)

神奈川県立保土ヶ谷公園(神奈川県)

神奈川県立保土ヶ谷公園は、県内で最初のスポーツ公園として、昭和32年に開園しました。基本的に運動公園ですが、梅園、サクラ、イチョウ並木などもあり、四季折々の花々が楽しめます。「かながわの花の名所100選」にも選ばれています。梅園には、約50品種、約120本のウメが植栽されており、2月には梅まつりが開催されます。イチョウ並木では、秋の横葉時期にはライトアップも行われています。

続きを読む 神奈川県立保土ヶ谷公園(神奈川県)

神奈川県立東高根森林公園(神奈川県)

神奈川県立東高根森林公園は、かつては多摩丘陵の里山でした。昭和40年代の住宅開発で、弥生・古墳時代の遺跡が見つかり、また周囲のシラカシ林が学術上貴重な植物群落であることが判明しました。それを受けて県がこれら遺跡跡とシラカシ林を保護することを決め、都市公園として整備され、昭和53年に開園しました。東高根遺跡は、現在古代芝生広場として埋蔵されています。当時の衣食住にかかわってきた植物が古代植物園に植栽されています。シラカシ林は、自然林に近い形で保存されています。湿性植物園には、弥生時代の水田跡を利用して、水辺を好む植物が植栽されています。

続きを読む 神奈川県立東高根森林公園(神奈川県)

神奈川県立三ツ池公園(神奈川県)

神奈川県立三ツ池公園は、その名の通り、下の池、中の池、上の池の三つの池があり、それらの池の周りを豊かな樹林が取り囲んでいます。園内には、78品種、約1,600本のサクラが植栽されており、それらのサクラが少しずつ時期をずらして開花し、2月中旬~4月下旬まで長くサクラを楽しむことができます。日本の「さくら名所100選」にも選ばれています。また、「かながわの探鳥地50選」にも選ばれており、中の池、下の池には冬季に多くの水鳥が渡ってきます。

続きを読む 神奈川県立三ツ池公園(神奈川県)

神奈川県立津久井湖城山公園(神奈川県)

神奈川県立津久井湖城山公園は、城山ダムの両岸にある二つの苑地と津久井城跡を中心とした都市公園として、昭和11年に開園しました。津久井湖左岸側の水の苑地には、芝生広場と噴水があり、そこを中心に樹木が並んでいます。津久井湖右岸側の花の苑地には、ガーデンテラスや桜の小道があり、ガーデンテラスには、様々な宿根草、ハーブ、コニファーが植栽されています。根小屋地区は、城山の自然と歴史を味わえる区域です。

続きを読む 神奈川県立津久井湖城山公園(神奈川県)

神奈川県立七沢森林公園(神奈川県)

神奈川県立七沢森林公園は、東丹沢の麓にあり、64haもの広大な雑木林を活かした自然豊かな都市公園です。園内の大部分は落葉樹におおわれ、春にはソメイヨシノやヤマザクラではじまり、ゴールデンウェークにはシャクナゲが咲き誇り、さらには瑞々しくも眩しい木々の新緑が山をおおいます。秋には丹沢までつらなる広大な紅葉が広がります。森林全体が季節ごとの装いで人々を迎入れます。起伏に富んだ地形の園内には、山あり谷あり、沢もあり、ちょっとした散歩から本格的なハイキングも楽しめます。

続きを読む 神奈川県立七沢森林公園(神奈川県)

神奈川県立四季の森公園(神奈川県)

神奈川県立四季の森公園は、里山の貴重な天然林やわき水を活かして1988年に開園しました。さくらの谷には、春に咲くサクラだけでなく十月桜も楽しむことができます。春の草原では、春は菜の花、秋はコスモスが咲き誇ります。あし原湿原では、初夏にはホタルやトンボなどの姿を見ることができます。しょうぶ園には約4,500株の色とりどりのハナショウブが植栽されています。豊かな自然に恵まれ、一年を通して四季が楽しめます。

続きを読む 神奈川県立四季の森公園(神奈川県)

神奈川県立花と緑のふれあいセンター・花菜ガーデン(神奈川県)

花菜ガーデンは、園芸や農業を楽しみながら学べる施設として開設しました。園内には、サクラ、バラ、クレマチス、モミジなど約3,280種の花々が植栽されたフラワーゾーンと、田植えや野菜の植付けから収穫までの体験ができるアグリゾーンと、農業や食の大切さを学べる体験ルーム、展示室、ライブラリーなどをそなえためぐみの研究棟があります。園芸や農業に関する情報を体験しながら学べる施設です。

続きを読む 神奈川県立花と緑のふれあいセンター・花菜ガーデン(神奈川県)

藤沢市長久保公園都市緑化植物園(神奈川県)

長久保公園都市緑化植物園は、引地川沿いにある3.4haの広さの公園です。ハーブ園には、ミント、オレガノ、ラベンダーなど135種、約2,000株が植栽されています。花のプロムナードは、幅22m、長さ60mの大花壇で、春はマリーゴールド、夏はブルーサルビア、冬はパンジーなど四季に合せた草花を植栽しています。生垣見本園は、65種類の樹木を迷路のように植栽され、樹木の勉強をしながら遊ぶことができます。展示温室では、熱帯の観葉植物など約250鉢を展示しています。

続きを読む 藤沢市長久保公園都市緑化植物園(神奈川県)