「奈良県の植物園」カテゴリーアーカイブ

ワールドメイプルパーク奈良カエデの郷「ひらら」(奈良県)

ワールドメイプルパーク奈良カエデの郷「ひらら」は、モミジのような赤ちゃんの手のひらと、葉が風にひらひら舞う様子を合わせて名付けられました。春から初夏にかけて、約1200種類のカエデが一斉に新芽を出す色彩と豊かな風景が「カエデ園」の魅力です。さらに、秋の紅葉にかけて長い間、鑑賞できます。園内には約3,000本が植栽されています。地場産業展示室では、全国90%のシェアを持つ毛皮革製品や、銘木吉野材の磨き丸太など、長い歴史と高い品質を有する菟田野地域の物産品を多数紹介しています。

続きを読む ワールドメイプルパーク奈良カエデの郷「ひらら」(奈良県)

春日大社萬葉植物園(奈良県)

萬葉植物園は、昭和7年に万葉集ゆかりの春日野の地に、約300種の萬葉植物を植栽して開園しました。 現在は山野にいのちを芽生えさす草木もなるべく人的な手を加えず、自然のままに生かし、 参拝者に安らぎを与える春日大社神苑 萬葉植物園として親しまれております。園内は、萬葉園・五穀の里・ 椿園・藤の園に大きく分けられています。万葉集に詠まれた植物にはそれぞれに万葉名があります。園内では万葉植物に対する代表的な万葉歌の陶板と植物解説が並んでおり、 これらの植物を保護する大切さを伺い知ることができます。

続きを読む 春日大社萬葉植物園(奈良県)