草津市立水生植物公園みずの森(滋賀県)

草津市立水生植物公園みずの森は、植物と人、水と人のふれあいをテーマにしています。三方を琵琶湖に囲まれており、とても開放感あふれる植物園です。さまざまな水生植物と出会えるユニークなテーマ館を備え、自然の中、四季を通じて楽しめる花いっぱいの公園です。

続きを読む 草津市立水生植物公園みずの森(滋賀県)

天王寺公園(大阪府)

天王寺公園は、明治42年に開設されました。園内には、旧住友家の名園慶沢園や茶臼山古墳、市立美術館があります。 また、天王寺動物園ともつながっています。沈床花壇や小川の小径、水の広場、バラのアーチ、植物温室など、見どころが満載です。慶沢園は池泉回遊式庭園で、深い緑につつまれ風情のある名木名石が静かなたたずまいを見せています。茶臼山は、古代豪族の墓といわれています。また、南側の河底池は、昔、大和川を西流させようとして中止した工事跡といわれています。

続きを読む 天王寺公園(大阪府)

小樽市手宮緑化植物園(北海道)

小樽市手宮緑化植物園は、手宮公園の東側にあり、小樽港を一望できる位置にあります。園内には、日本庭園、桜園、水生植物園、シャクナゲ園、ボタン園など15区の見本園があります。中でも5月上旬から中旬に見頃のサクラは、小樽港に向かった斜面にあり、絶景を楽しめます。

続きを読む 小樽市手宮緑化植物園(北海道)

世田谷区立二子玉川公園(東京都)

世田谷区立二子玉川公園は、災害時の活動拠点、地域住民活動の場などを目的として、平成25年一部開園、平成27年春完成を目指して整備されています。日本の空間文化の創造と伝承をコンセプトにして、日本の文化を学び、自然を体験できる本格的な日本庭園があり、その一部には世田谷区登録有形文化財に登録された旧清水家住宅書院が復元されています。そのほか、富士見台、いこいの広場、ナチュモコガーデンなどが整備されています。

続きを読む 世田谷区立二子玉川公園(東京都)

北海道薬科大学薬用植物園(北海道)

北海道薬科大学薬用植物園には、3,290平方メートルの植物園、温室、標本館が整備されています。園内には約300種の植物を植栽しています。また、姉妹校の瀋陽薬科大学からやってきたケイトウ、オオセンナリなども植栽されています。温室には約40種の植物を植栽しています。標本館には生薬200点が展示されています。

続きを読む 北海道薬科大学薬用植物園(北海道)

新潟薬科大学薬学部附属薬用植物園(新潟県)

新潟薬科大学薬学部附属薬用植物園は、約3,000平方メートルの敷地に管理棟、温室など整備され、約300種の薬用植物が植栽されています。また、阿賀野市に五頭薬用植物園があり、約3,000平方メートルの敷地に、約250種の薬草や野草が植栽されています。五頭分園は、阿賀野市・五頭薬用植物園管理組合と共同管理されています。

続きを読む 新潟薬科大学薬学部附属薬用植物園(新潟県)

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科附属薬用植物園(長崎県)

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科附属薬用植物園は、約2,000平方メートルの敷地に、研究・管理棟、標本園、栽培研究圃場、シーボルト記念植物園が整備されています。園内には、457種の植物が植栽されています。シーボルト記念植物園には、シーボルトが日本からオランダに持ち帰ったとされる植物のうち、ケヤキ、フジ、アケビ、ツタ、イロハモミジの5種が植栽されています。一般にも公開されており、四季折々の薬用植物に接する場として親しまれています。

続きを読む 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科附属薬用植物園(長崎県)